環境設備販売
廃液処理装置
環境とコスト削減の両立を目指して
装置イメージ
工場から排出される様々な廃液を交流低電圧を
 印加した電極間に液体を流すことで、廃液中の
 ゴミなどを凝集粗大化し、フィルタで効率的に
 捕捉します。

廃液中の細かなゴミを除去することによって、
 新液の交換時期を延ばすことができます。

製品仕様
仕様用途:潤滑油、加工油、洗浄油、クーラント等
※仕様は概要であり、お客様の要求仕様に基づき設計見積り致します
特徴
・荷電凝集ろ過により細かなゴミが除去可能です。

・凝集粗大化によりフィルタの寿命を延ばします。

・廃液処理にかかるコストを削減します。

・廃液処理で発生するCO2を大幅に削減します。
従来のろ過方法
・従来からのフィルターカートリッジ式では
 フィルターメッシュ以下のゴミは通過してしまいます。
 フィルタメッシュサイズを小さくすると、
 目詰まりを起こしてしまいます。
荷電凝集ろ過方法
・荷電凝集ろ過方法は、液体に交流の荷電を与えることによって
 小さなゴミ同士を凝集化することができます。
 よってフィルタメッシュ以下のゴミも除去することが可能です。
 ゴミのサイズごとにフィルタメッシュを交換せず、大小様々な
 サイズのゴミを効率よく除去することができます。
導入メリット

・新液節約
  いままで定期的に全量交換していた液を、荷電凝集ろ過方法によって
  ゴミを除去すると交換時期を延ばすことができます。

・廃棄処理費用節約
  全量交換によって発生していた廃棄物処理費用の回数を減らすことが
  できます。

・トータルコストダウン
  新液購入費用と廃棄物処理費用を節約することで、トータルコストダウン
  が可能です。
[PROTEC]はProduction Technology Corporation の略号で、株式会社 生産技術研究所の登録商標です。 プライバシーポリシー